視力回復

レーシックのメリットの詳細

レーシックを受けるメリットといえば、やはり裸眼生活が手にはいるという事でしょう。
近視、遠視、乱視、また最近では視力が安定した老眼についてのレーシックなど、様々な施術が可能となり、技術、また利用する施術器具についても新しいものが次々登場し、より安全性の高い施術ができるようになりました。

視力を回復させる訓練やそのほかの治療などもありますが、一般的にどれも時間のかかるものが多く、レーシックのようにスピーディに施術を終え、視力回復ができるという物は少ないです。
また施術の安全性もフラップをコンピューター制御でつくることが出来るようになるなど、より高くなっています。
施術そのものの時間は、片目15分かからないというくらいなので、ストレスも少なくて済みます。

両目同時に施術できるというメリットもあります。
通常目の手術というと、手術を行う事で視力が落ちてしまうため、片目ずつ行います。
でもレーシックの場合、両眼一気に施術できるのですから面倒がありません。
検査に関しても、ケアなどに関しても両眼一緒に行う事が出来るのは大きなメリットです。

痛みという面についてもメリットが高いです。
目の手術というと、かなり痛みがあるのでは?と思う方も多いのですが、点眼麻酔を行いレーザーで施術を行いますので痛みは全く感じません。
痛みがない、という事がわかっていれば、手術に対する不安も少なくなり、よりストレスのない手術といえます。

もちろん、何よりも、コンタクトやメガネなどの煩わしい矯正器具を利用しなくてもいいということが一番野メリットです。
スポーツする時にも心配がありませんし、風が強く埃が多い場所でも、コンタクトレンズに埃が付着する痛みを感じることも、違和感に困る事もありません。
裸眼で生活できるという目の悪い方の悩みを払しょくできる最高の施術です。
こうして考えてみると、勿論デメリットもありますが、目の状態、年齢、また費用など条件があえば、誰もが受けてみたい施術の一つでしょう。
こちらのレーシックとコンタクトの比較についての記事も参考にご覧ください。


このページの先頭へ