診察からレーシック手術までの手順
視力回復

診察からレーシック手術までの手順

レーシックはクリニック等へ行き、即治療を受けることができるという事はありません。
術前にどういった手術なのかという説明を受け、それから適応検査などを行い手術となります。
ホームページを持っているクリニックが多いので、そこから初診の予約ができる場合が多いです。
電話でも予約を受け付けていますので、まず予約をしましょう。

予約した当日はカウンセリングのみというクリニックも多いです。
まずじっくりレーシックとはどういう施術になるのかを説明し納得した上で施術を受けてもらうためです。
カウンセリングが終わったら適応検査を行います。
適応検査は角膜の形状、厚さ、さらに視力や眼圧など手術に適応できる目かどうか、詳しく検査を行います。
普段コンタクトレンズをはめているという方は、適応検査の前2週間から3週間ほどコンタクトレンズを装用せず、適応検査を受けます。
コンタクトレンズをしている状態から、角膜を正常な状態に戻してから検査を行わないと、正しい数値が出ないからです。

適応検査が終わると瞳孔を開く点眼を行います。
適応検査と診察で医師がその方に最も合った施術方法を選択します。
その施術についての細かい説明、手術の流れなどを説明してくれますので、わからないことがあればどんどん質問し、不安要素を取り除いておきましょう。

手術を行う当日、数時間前に再度目に対して精密検査を行います。
精密検査を行い手術について、また手術後のケアなどんついて説明があります。
ここでも不安な事、疑問点があればしっかり聞いておきましょう。

予約、カウンセリング、適応検査、手術方法説明と決定、術前検査、カウンセリング、手術、という流れになります。
最近はレーシックの説明会も多く開かれ、その説明会に参加しレーシックについてある程度の知識を持ってもらってから予約を行うというクリニックも多くなっています。
レーシックの施術を行うクリニックや眼科等のホームページでこの説明会の紹介が行われていますので、参加できるようなら行ってみましょう。


このページの先頭へ